面接時のマスクってNG? マスクマナーをご存知ですか | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

面接時のマスクってNG? マスクマナーをご存知ですか

以前は花粉症や鼻炎、風邪などの理由でマスクを着けている人が大半でしたが、昨今は新型コロナウイルスの影響で人と接するときにはマスクをつけることがマナーとなっています。
それでは、就・転職面接の際にも、マスクは着用したほうがいいのでしょうか?


就・転職活動中(面接時以外)は?

基本的にマスク着用に問題はありません。
移動時や会社説明会など、他の人との接触機会がある場合には周囲への気遣いとしてマスクを着用していても、マイナスの印象を与えることはありません。むしろ企業側から参加時のマスク着用を求められるケースも多いでしょう。

面接時は?

基本的に面接時にマスクを着けることはマナー違反とされていますが、それをいままでの常識として理解した上で、部屋に入るところまではマスクを着用していて構いません。
確かにマスクを着用すると、声がぐぐもって聞き取りにくくなったり、表情も見えません。面接官もマスクを取って面接をしたい、というのが本音ですが、「取ってください」とも言えない状況です。勝手な判断でマスクを外すことも、相手を思いやれる態度とはいえないでしょう。

また、体調がすぐれない場合は、決して無理をせず、企業や転職エージェントに早めに伝えましょう。そうすれば面接の日程を変えてくれるなどの対応をしてくれるでしょう。当日に伝えることは、企業側の関係者のスケジュールに影響しますので、悪印象を与えてしまいます。

最近はWeb面接を行う企業も増えています。オンラインでの面接の場合は、直接の面接よりも表情がわかりにくいので、マスクを着用しなくてもよい個室などでのぞめるよう準備しておきましょう。

面接開始時の一言が大切

面接を行う部屋に通され、面接官とある程度の距離が保たれたタイミングで、マスク着用について一言触れましょう。
「マスクをしたままでもよろしいでしょうか」と言う。もしくは「一旦マスクを取ってご挨拶させていただきます」と断ってから無言でマスクを外し、顔を見せてから一礼する。その後マスクをつけてから話を再開しましょう。
この気遣いができるかどうかをみている企業もあるかもしれません。
もちろんそれで合否が決まるわけではありませんが、面接の本題に入る前に印象がよくなることは確かです。

企業の対策、姿勢を聞いておく

どこの企業も感染拡大は避けたいところですが、特にたくさんの人が働いている職場や業界によっては、面接前の検温を依頼する企業もあるようです。転職エージェントを通して企業を紹介されている場合は、対象の企業がどんな感染症対策をとっているのか、従業員がどのような出勤体型になっているのかを確認することができますので、ぜひ聞いてみましょう。その対策面でもその企業の魅力を感じることができるかもしれません。
マスク着用が当たり前になっている状況が早く改善されることを願いつつ、常識の変化に対応する力や他者との友好な関係性をもてるかどうかは大切なポイントです。
感染症リスクに関わず、面接前には睡眠や食事をきちんととって、なるべくよいコンディションで面接にのぞんでください。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。