職場のバレンタイン! チョコはどうしたらいい? | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

職場のバレンタイン! チョコはどうしたらいい?

2月14日のバレンタインは、毎年やってくる“頭の痛いイベント”となっている女性も少なくないでしょう。
無用の誤解を招いたり不平不満が生じたりといった、トラブルのもととなる恐れがあります。トラブルを避けてバレンタインは何もしないという選択肢もありますが、職場での付き合いを考えるとそういう訳にもいかないことでしょう。
では、トラブルを避けつつ職場にチョコを配るにはどんな方法があるのでしょうか。


渡すときは全員を対象に

チョコを配るときは男性を対象にするのではなく、女性も対象にしてみましょう。大箱入りのお菓子を持ち込めば、誤解を受ける可能性が限りなく低くなります。

「バレンタインですね! 宜しければどうぞ!」と箱入りのお菓子などを共有スペースに置いておくのもオススメです。バレンタインという風習に則って提供したという感じはありますし、旅行のおみやげなどと同じ扱いになるので面倒なことになる恐れもありません。


小分けにする場合は

「共有スペースに置いておくのは愛想がないから、個別で渡したい」という場合はコンパクトさを心がけましょう。値段も500円程度に抑えた、おやつ感覚のもので充分です。
金額に明らかなばらつきが出てしまうと誤解を招く恐れもあるので注意しておくと良いでしょう。

会社に特定のターゲットがいるという方の場合も、会社では周りと同じものを渡しておいがほうが良いでしょう。特別なものを用意して会社で渡すと、悪い結果にしかつながりません。特別なものを渡したいときは、社外で渡すようにしましょう。


女性間の連絡は綿密に

職場にはそれぞれの慣習があるものです。それから外れないように先輩女性などに対処法をうかがっておくのが一番良いでしょう。女性同士のコミュニティに悪影響を出さないように心がけてください。それさえ気を付けていれば、人間関係でトラブルが起きる可能性は低くなるでしょう。


手作りはNG

手作りは“手間もお金もかかっている心のこもったプレゼント”という印象をうけますが、それは気の知れた仲での話です。受け取る側の考え方によっては、「成分が解らない・賞味期限が解らない・衛生管理がどうなっているのかも解らない厄介なもの」と捉えられるかもしれません。

すでに信頼関係が築かれているパートナーに渡すのであれば「手間暇をかけて作ったことの価値」はとても魅力的なものですが、その他の相手にとっては価値のあるものとはならないでしょう。職場のバレンタインに手作りのお菓子という選択肢は、避けるのが基本と考えておきましょう。


いっそ「職場での儀礼的なことは一切なし!」と決めてもらえれば楽なのですが、なかなかそうも行かないものです。
できる限りトラブルの原因になるようなことは避け、穏便に職場におけるバレンタインを乗り切るのも良いかもしれませんね。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。