これだけ押さえて! オフィスカジュアルのポイントとは | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

これだけ押さえて! オフィスカジュアルのポイントとは

IT系に限らず、女性のオフィスファッションはカジュアル化が進んでいますが、転職したての時は何を着たらよいか迷う人も多いでしょう。
オフィスでのカジュアルファッションのコツや気を付けるポイントを解説します。


オフィスカジュアルの定義とは

まずは「オフィスカジュアル」という言葉が何を意味するのかを知っておきましょう。 オフィスカジュアルはビジネスカジュアルとも呼ばれる、仕事をする際の服装を指します。 ビジネスファッションの正装として定番のスーツが固いイメージのものとすると、オフィスカジュアルファッションはそれよりも柔らかいイメージのものとなります。

シャツとパンツ、もしくはタイトスカートにジャケットを合わせるというファッションが一般的なオフィスカジュアルとされていますが、実際は「オフィスカジュアル」と呼ばれるファッションに明確な決まりはなく、スーツではないけれども、仕事をするにあたって無礼でない服装のことを指します。


これは絶対! 露出は控えめに

オフィスカジュアルファッションをする上で絶対に気を付けなければいけないことは露出を控えめにするということです。

言うなれば清楚さを出す感じです。派手に見えず、ささやかな女性らしさを演出する服装が良いでしょう。その上で仕事ができそうな雰囲気を引き立たせる知性さを出す感じです。

露出を控える理由としては常識の範囲内での行動を業務上でも求めているわけで、過度な服装のこだわりというのは受け入れがたいというものがあります。あくまでもビジネスシーンにマッチした服装という前提で考えます。人前に出ても不快感を与えず、清潔感のある服装が適したものです。

先輩を参考にして会社の色を知る

正直会社によってオフィスカジュアルの定義というのは異なるものです。基本的にはデニム素材のアイテムやTシャツなど、一般的に言う「ラフすぎる」アイテムというのはオフィスカジュアルにはNGだと言えます。

ですが会社によってはそれを受け入れている会社もあります。どこまでがオフィスカジュアルとしてその会社で許されているのかを理解するために、周りの先輩たちに聞いてみましょう。オフィスカジュアルとしてどこまでが許容範囲なのかがわかれば、安心して服を選んでいけるはずです。

服だけではなく小物にも気を付ける

最近では携帯電話があれば時間も予定もチェックできますし、そういった人が増えています。しかし仕事中に携帯をチラチラ見るのはクライアントや上司からの印象はよくありませんよね。

ビジネスシーンでは時間を確認する際には腕時計で、そして予定をチェックする際には手帳を使用しましょう。さらに名刺入れも気を遣うところです。

名刺入れの場合、レザーのものや布製のおしゃれで丈夫なもの、そして見た目が良いものを選びましょう。アルミ製のものもありますが、落とした時の音や床を傷つける可能性があるのであまりおすすめしません。

手帳に関してもクライアントの前で広げても恥ずかしくないカバーがレザーのものなどを選ぶとよいでしょう。


オフィスカジュアルは服の選択はもちろんのこと、小物にまで気を使うべきものです。
どう見られるかに印象や評価も重ねられます。慣れてくれば少しずつオシャレの幅を広げていくぐらいの気持ちでいると良いかもしれません。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。