夏の終わりの紫外線ケア! 肌のために心がけたい習慣とオススメ食材 | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

夏の終わりの紫外線ケア! 肌のために心がけたい習慣とオススメ食材

お盆休みが過ぎて夏の終わりを感じ始める頃は、心身に疲れを感じる人が増える時期です。
また、夏の終わりには肌にも疲れが現れやすくなります。乾燥や肌荒れなど、肌の不調が現れ始めるこの時期。しっかりとケアしておかないと、秋以降に老け込む原因になりかねません。今回は、夏の終わりの肌のために心がけたいケアについてご紹介します。


夏は肌にとって過酷な季節!

夏の終わりの肌が不調に陥りやすいのはなぜでしょうか? それは、夏の間に肌に蓄積されたダメージの影響が現れ始めるためです。

夏は紫外線量が年間でピークに達する時期。アウトドア派はもちろん、基本的にはインドア派という方でも、通勤や外出などで外に出るだけで紫外線を浴び続けることになります。日焼け止めや日傘などで紫外線対策を心がけていたとしても、完全に防ぐのはなかなか難しいもの。

また、汗や皮脂の分泌が活発になる時期は、肌に空気中の汚れが付着したり、皮脂と汚れが混ざって毛穴を詰まらせたりといったことも起こりやすくなります。汗で濡れた肌は、ちょっとした摩擦などで傷がついてしまうことも。

エアコンによる乾燥なども起こりやすく、夏は肌にとってストレスの多い季節だと言えます。


夏の終わりに心がけるべきことは?

夏の間にダメージを受けた肌は、きちんといたわって回復させるのが大切です。以下のような生活習慣を心がけましょう。

・規則正しい生活リズムを作る
ダメージを受けた肌は、ターンオーバーのサイクルが乱れがちです。肌の新陳代謝がうまくいかなくなると、夏の間に大量に作られたメラニンが排出されず、秋以降にシミとなってしまうことも。肌のターンオーバーを正常に保つために、できるだけ規則正しい生活を心がけ、良質な睡眠をとるようにしましょう。

・紫外線対策はまだまだ気を抜かない
真夏が過ぎると、紫外線対策がおろそかになってしまう人も多いようです。しかし、紫外線量は9月頃までまだまだ多いことを忘れずに。これ以上の紫外線ダメージをできるだけ避けて、肌の回復をサポートするのが大切です。


夏の終わりの肌をいたわる食材

肌の再生を促し、夏の間のダメージをリセットするには、栄養バランスの良い食事を心がけるのが大切です。合わせて、紫外線ダメージをケアする以下のような食材を取り入れると良いでしょう。

・トマト、すいか
トマトに含まれる「リコピン」は、体内でメラニン生成の原因になる活性酸素を取り除く働きがあります。また、メラニンの生成を助ける酵素の働きを抑えるため、紫外線を浴びた肌のケアに最適です。
夏の風物詩、すいかにもリコピンがたっぷりと含まれているので、トマトが苦手な方にはすいかもおすすめです。

・サーモン、いくら
サーモンやいくらに含まれる「アスタキサンチン」も、活性酸素を除去する作用が強いことで知られています。
また、肌を作る良質なたんぱく質や、肌の老化を予防する良質な油「オメガ3脂肪酸」も豊富に含まれているため、積極的に取り入れたいですね。


以上、夏にダメージを受けた肌に対して、夏の終わりに心がけたいケアについてご紹介しました。夏の疲れを残さないために、早め早めのケアでお肌をいたわってあげてくださいね。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。