ビジネスシーンで「お中元」を贈る時のマナー | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

ビジネスシーンで「お中元」を贈る時のマナー

お世話になっている方に日頃の感謝を伝え、今後のお付き合いを願うしるしとして贈る「お中元」。その意味合いから、上司や取引先へ贈るケースも多いと思います。そこで今回は、社会人として知っておきたい、ビジネスシーンでお中元を贈る場合のマナーについてご紹介します。


お中元を贈る時期は地域によって違う!?

お中元を贈る時期は、関東と関西で異なります。
関東では新暦のお盆にあたる7月初旬から15日までに贈るのが一般的で、関西では旧暦のお盆にあたる8月初旬から15日までに贈るのが一般的とされています。

ただし、最近では全国的に7月初旬から15日までに贈ることが増えています。
贈る時期は地域や会社の慣習によっても異なるため、目安程度に考えておけば良いでしょう。


上司や取引先にお中元を贈る前に

最近のビジネスシーンでは、「虚礼廃止」を通達する会社が増えてきています。虚礼廃止とは、心のこもっていない形式だけの儀礼をやめようという考え方です。具体的には、年賀状やお中元、お歳暮などの贈答品のやりとりなどを禁止する通達が会社から出されることが多いようです。

もし勤務先の会社がお中元のやりとりを禁止している場合、上司にお中元を贈るのはマナー違反となり、かえって迷惑をかけてしまいます。取引先にも、基本的に会社として贈答品のやりとりを辞退する旨を告知するのが一般的なので、それを無視して贈るようなことは避けましょう。

また、勤務先に規定がない場合でも、取引先にお中元を贈っても問題ないかどうか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。


いくらぐらいの品を贈るべき?

上司や取引先にお中元を贈る場合、いくらぐらいの品を贈れば良いのか判断するのが難しいですよね。
上司や取引先などに贈るお中元の金額は、一般的には3,000円から5,000円程度が相場となっています。特別にお世話になった方に贈る場合は、もう少し高額の5,000円から10,000円程度と考えても良いでしょう。あまり高額のものを贈ると、相手に気を使わせてしまうため注意しましょう。


取引先に贈るときはどうする?

取引先に贈る場合、担当者など特定の個人宛に贈るケースもありますが、一般的には会社や部署、支店などに宛てて贈ることが多いでしょう。
この場合、宛名は社長名や支店長名、部署長名として贈ります。

会社や部署などに贈る場合、贈る品は職場の人たちで分けられるものを選ぶと喜ばれるでしょう。例えば、缶ジュースやコーヒー、個包装のお菓子などです。冷蔵庫や冷凍庫に入れる必要がなく、ある程度日持ちするものがおすすめです。
取引先に贈る場合は、上司などと相談して金額や贈るものを決めるようにしましょう。競合会社の商品を避けるなどの配慮も忘れずに。


以上、ビジネスシーンでお中元を贈る時のマナーについてご紹介しました。
感謝の気持ちを伝えるお中元で、かえって迷惑をかけたり悪印象を持たれたりしないように、基本的なマナーは押さえておきたいですね。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。