梅雨時のヘアスタイルが決まらない原因と対策は? | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

梅雨時のヘアスタイルが決まらない原因と対策は?

梅雨時にありがちな悩みの一つに、「ヘアスタイルが決まらない」という問題があります。この時期の髪は、うねったり広がったりしてまとまりづらく、朝しっかりとセットしたつもりでもすぐに崩れてしまうことも多いですよね。
どうして梅雨時の髪にはこうした問題が起こるのでしょうか?
原因と対策についてご紹介します。


梅雨時のヘアスタイルが決まらないのはどうして?

梅雨時の髪には、うねったり広がったりといったさまざまな問題が起こります。その大きな原因となっているのは、この時期に過剰になる「湿気」です。

湿度が高いこの時期は、髪にも水分が侵入しやすくなります。いつもより水分を多く含んだ髪は重さを増し、ボリューム感が出しにくくなります。

その一方で、髪がうねったり広がったりしてまとまらないという人も多いと思います。これは、髪が傷んでいるため。キューティクルが整っていれば水分は均等に入ってくるのですが、ダメージによってキューティクルがはがれている状態の髪の場合は、傷んだ部分からより多くの水分が入り込みます。髪の内部の水分が均一な状態ではなくなり「うねり」が生じてしまうのです。

つまり、髪が傷んでいる人ほど、梅雨時に髪がうねりやすいというわけです。


うねりを抑えるには毎日のヘアダメージケアが肝心

髪のうねりを少しでも抑えるには、髪のダメージをできるだけ少なくするのが大切です。
毎日のヘアケアを見直してみましょう。

シャンプーやトリートメントは、ダメージ補修効果のあるものを選びましょう。洗髪時のダメージを少なくするには、シャンプー前にきちんとブラッシングしておくのが大切です。

シャンプー後の濡れた状態の髪は、特にダメージを受けやすいので注意が必要です。
長時間、髪が濡れたままになっていると雑菌などが繁殖しやすく、これは髪や頭皮のダメージにつながります。ドライヤーで乾かすことが大切ですが、ドライヤーの熱も髪にとってはダメージとなるため、手早く乾かすことが大切です。

ドライヤーは髪から20センチほど離し、一ヵ所に長時間当たらないよう、揺らしながら当てるようにしましょう。


UV対策やオイル補給もしっかりと!

日中のヘアケアとして、UVカットのヘアケア用品を使うのもおすすめです。
紫外線は髪にダメージを与え、キューティクルがはがれる原因にもなるからです。

オフィスや外出先でできるケア方法としては、椿油など軽めのオイルやヘアケア剤をスプレーボトルに詰めて髪に吹き付けるという方法があります。キューティクルのダメージを補い、髪をまとまりやすくしてくれます。ただし、しっかりとなじませないと悪目立ちしてしまうため、念入りなブラッシングで成分が行きわたるようにしましょう。


ダメージの少ない髪になれば、梅雨時も朝のヘアスタイルをしっかりキープできるようになるはずです。この時期、髪のうねりや広がりに悩まされやすい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。