崩れ知らず! 化粧崩れを防ぐコツは意外に簡単? | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

崩れ知らず! 化粧崩れを防ぐコツは意外に簡単?

気温が高くなってくると、「化粧崩れ」が女性の悩みとなります。
出掛けるときは綺麗に決まっていたメイクが、通勤中の汗で崩れてしまったり、夕方になってテカリや崩れが目立ってしまったりするとがっかりするものです。
そこで今回は「化粧崩れを防ぐ方法」をいくつかまとめてご紹介します。早速実践してみましょう。


朝の保湿が大切

「保湿を怠るとメイクが崩れやすくなる」のはご存知ですか?
メイクの前に保湿をすると肌がべたつくからと、朝の保湿を怠ってしまうと化粧崩れの原因になります。
化粧崩れの大きな原因は「乾燥による皮脂の過剰分泌」です。
朝の保湿が不十分だと、肌は毛穴から皮脂を分泌させてお肌に潤いを与えようとします。
その結果、メイクが崩れてしまうのです。
皮脂分泌を防ぐには、朝の洗顔後に化粧水でしっかり保湿し、乳液や美容液で肌表面に膜を張って潤いをしっかり閉じ込めることが大切です。
時間がある朝はコットンパックをしてお肌をしっかり保湿するのも効果的ですよ。
朝の保湿を習慣づけることでお肌の皮脂分泌が正常になり、徐々に化粧崩れが解消されていきます。


化粧水の見直しを!

乾燥対策としてとろみのある化粧水を使っている方は多いと思います。しかし、とろみのあるタイプの化粧水はメイクのヨレの原因になりやすいため、朝の使用にはあまり向いていません。
ベースメイク前につける化粧水は、サラッとしたタイプがオススメです。
お肌につけた瞬間にスーっと浸透する化粧水であれば、ベースメイクがヨレにくくなります。
朝と夜で使用する化粧水を変え、化粧崩れを予防してみましょう。


ファンデーションはリキッドを

暖かい季節になるとベタつかないパウダーファンデーションを使う方が多くなりますが、実はそれも化粧崩れの原因のひとつ。
パウダーファンデーションはリキッドファンデーションよりも粒子が粗くヨレやすいのに加え、粉が水分や油分を吸収してしまうために肌が乾燥しやすくなります。
一方、リキッドファンデーションは水分や油分を適度に含んでおり、粒子が細かいのでお肌にしっかり密着して崩れにくくなっています。
リキッドファンデーションには、肌にのせた瞬間にさらっと馴染むものも販売されています。ぜひ一度トライしてみてください。
どうしてもパウダータイプが使いたいという方はミネラルファンデーションを使用し、ファンデーションの前にフェイスパウダーをのせてあげるのがオススメです。下地→フェイスパウダー→ファンデーション→フェイスパウダーと薄く重ねてミルフィーユ構造にすることで、化粧崩れを防止します。ただし、お肌の内側まで十分に保湿をしてから行うといった注意が必要です。


崩れないファンデーションの付け方

ファンデーションは、付け方次第で保ち時間が変化します。
まずは顔全体に馴染ませるように丁寧に下地を塗ってください。厚塗りにならないよう、少しの量を均一に薄く伸ばすのがポイントです。
崩れにくいファンデーションのつけ方は以下の通りです。

①リキッドファンデーションを中指の上に出し、顔の内側から外側に向かってポンポンとのせる
②指の腹を使ってファンデーションを肌に優しく叩き込むように馴染ませる
③フェイスラインや首に、指に余ったファンデーションを軽く伸ばす
④仕上げにフェイスパウダーを顔全体にはたいて完成

ポイントは「伸ばさずに指で叩き込む」ことです。
パフでリキッドファンデーションをつけている方は、ぜひ試してみましょう。


朝の完璧なメイクを長持ちさせるための方法をご紹介しました。
保湿を徹底し、ファンデーションの使い方を見直すことで、夏の気温にも負けないバッチリメイクを保ちましょう。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。