どっちを選ぶ?認可保育園と認可外保育園の違い | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

どっちを選ぶ?認可保育園と認可外保育園の違い

出産後も働きたいという女性にとって、子どもを預けるための保育園選びはとても重要です。
保育園には、「認可」と「認可外」の2種類があることはご存知ですか?
今回は、働くお母さんが知っておきたい保育園についての基本知識についてお話します。


「認可」と「認可外」とは?

認可保育園と認可外保育園の違いは、「都道府県知事から認可されているか否か」です。

認可保育園は、施設の広さや職員数、衛生管理などにおいて国が定めた基準をクリアし、都道府県知事から認可されている施設です。
認可保育園の中でも、市区町村が運営する公立の保育園と、社会福祉法人などが運営する私立の保育園の2種類に分かれます。
どちらも運営費が国や自治体から出ているため、比較的保育料が安く設定されています。

一方、認可外保育園は国から認可を受けていないすべての保育園を指しますが、中には国が定めた認可基準をクリアしていても行政の都合で許可が下りていないという場合も。
認可外保育園には、公的な援助を受けている施設とそうでない施設があり、援助を受けていない施設の場合は保育料が高くなる傾向があります。


それぞれの保育園の申し込み方法

認可保育園と認可外保育園では入園のための申し込み方法が大きく異なります。
認可保育園は経済的負担の軽さから非常に人気が高く、全国の主要な都市では、認可保育園に入園を希望したものの選考に漏れてしまった「待機児童」の多さが問題になっています。
そのため、認可保育園を希望している場合でも、並行して認可外保育園の見学や申し込みを行うなどの対策を行っておくことが重要です。

■認可保育園
入園の申し込みは住んでいる地域の市区町村窓口で行います。自治体によって異なりますが、保護者の勤務状況や家庭状況に関する条件が細かく設定されており、それを満たしていないと入園が許可されません。

■認可外保育園
認可外保育園の場合は、園に直接入園を申し込みます。園によって基準は異なりますが、保護者が働いていなくても子どもを預けられる場合があります。


認可と認可外のどちらの保育園が良いの?

遊び・学びのカリキュラムの充実や保育料の安さなどから、認可保育園の方が人気は高くなっていますが、認可保育園と認可外保育園の双方に良い点はあります。
一般的には認可外保育園は小規模なところが多く、アットホームな雰囲気の園が多いとされています。保育時間についての融通が利きやすいのも認可外保育園のメリットです。
また、民間が運営する認可外保育園にはさまざまな方針があるため、給食や英会話、音楽など、どこに力を入れている園なのかによって選ぶことができます。


いかがでしたか?
大切な子どもを預ける保育園は、しっかりと見定めて良いところに決めたいものです。
認可・認可外に関わらずさまざまな保育園を見学し、子どもが楽しく過ごすことのできる園を選んであげてくださいね。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。