共働き夫婦の「家事分担」円満にやっていくコツは? | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

共働き夫婦の「家事分担」円満にやっていくコツは?

共働きの夫婦に起こりがちなのが「家事分担」の問題です。
多くの共働き家庭において、家事はどうしても妻の負担が大きくなりがちなようです。
自分ばかり忙しく家事に追われ、協力的でない夫に対して苛立ちを覚えたことがあるという方も多いのではないでしょうか? そうした不満を抱え続けていたのでは、家庭内の雰囲気も悪くなってしまうかもしれません。
今回は、共働き夫婦が育児や家事を分担して円満にやっていくためのコツを考えていきましょう。


「夫にできる家事」を見つける・増やす

結婚するまで実家暮らしだった男性や、一人暮らしを経験していても家事をあまりやってこなかった男性の場合、「家事や育児を手伝いたい気持ちはあっても、そもそも何をどんな風にやれば良いのかわからない」ということもあるようです。

もし旦那さんがこのタイプに近いのであれば、最初からいろいろな家事を分担しようとするのは無理があります。実現できそうにもない家事分担を決めても仕方がありません。
だからと言って、「何も任せられないからしょうがない……」と女性が抱え込んでいたのでは状況は変わりません。

夫に任せる家事で最も多いのは「ゴミ出し」だと言われています。まずはこういった「家事経験が少ない人でもできる家事」をいくつかやってもらうことから始めましょう。
任せた家事が夫の役割として定着してきたら、おかげで負担が減って助かっているということを感謝の言葉とともに伝えていくようにしましょう。家事に協力すると感謝されると理解すれば、さらに協力的になってくれるかもしれませんよ。


家事タスクと分担を「見える化」する

そもそも家事や育児を「できない」タイプの夫の場合は、少しずつできるようになってもらうしかありませんが、「できるのにやらない」タイプの夫も少なくないようです。結婚前は一人暮らしだったので料理も掃除もできるはずなのに、結婚後はあまり家事に協力してくれないというケースです。そもそも家事ができない夫の場合よりも妻が感じる不公平感は大きいと考えられます。

この場合、まずは感情的にならず、「お互い仕事をしているのだから、家事や育児についてもバランスを考えて分担してほしい」という気持ちを伝えましょう。

実際にどの程度自分の負担が大きいのかを理解してもらうには、どういった家事タスクがあって、それぞれを主にどちらがやっているのかといったリストを作成して家事分担を「見える化」するのが効果的です。

男性は論理的に物事を考える人が多いので、現状を正しく理解すれば改善のために自分がどうすれば良いかを考えてくれるはずです。その上で、夫婦間の家事分担のルールについて話し合うと良いでしょう。


家事負担を軽くすることも考える

共働き夫婦の場合、夫婦で分担してもやはり家事は負担が大きいものです。
夫も妻も仕事が忙しい時には、家事まで手が回らなくなることもあるかもしれません。

家事を自動化できる家電などを購入したり、子どもやそれぞれの親などに手伝ってもらったり、業者を利用したりなど、「やらなけらばならない家事」を減らす工夫を積極的に取り入れましょう。

無理なくやっていけるように「手を抜けるところは抜く」という視点を持つことをおすすめします。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。