労わることが大切! 肌荒れのケアとメイクのポイント | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

労わることが大切! 肌荒れのケアとメイクのポイント

ニキビや乾燥によって肌荒れを起こしている時こそ、メイクで肌をキレイに見せたいと思ってしまいますよね。荒れた肌を他人にさらすのはとても抵抗があり、そんなことをするくらいなら外に出たくないとさえ思うものです。
そこで今回は、適切な肌ケアと荒れた肌を上手にカバーするメイク術をご紹介いたします。


肌荒れを隠す前にしっかりケアを!

肌荒れを起こすと、コンシーラーやファンデーションを厚塗りして隠そうとしてしまいがちですね。しかし、荒れてしまった肌にメイクがキレイにのるはずもなく、かえって肌荒れが目立ってしまいます。 そこで大切になるのが「肌荒れのケア」なのです。

ニキビや乾燥でガサガサになった肌には水分が足りないので、しっかり保湿を行いましょう。メイク前にハンドプレスで化粧水をしっかりなじませたり、コットンパックでお肌に浸透させるようにしてください。
お肌はしっかり保湿すると毛穴がきゅっと引き締まり、毛穴や黒ずみが目立ちにくくなります。
また、保湿によって過剰な皮脂分泌を抑えることもできるので、新たなニキビの発生を防ぐ効果も期待できます。

荒れた肌をいきなりメイクで隠すのではなく、肌荒れを治す気持ちで朝晩のケアをしておくことが大切です。


ファンデーションはオイルフリーを使う

ニキビが出来るとどうしてもファンデーションで隠したくなりますが、過度なメイクはニキビを余計に悪化させます。ファンデーションを塗って隠したニキビが、夕方には倍の大きさになったことはありませんか?
ファンデーションに含まれるオイル分は、実はアクネ菌の大好物。これがニキビをさらに悪化させる原因になるのです。

ニキビが出来たり乾燥がひどい期間は、オイルフリーのファンデーションを使うようにしましょう。オイルフリーのものは刺激が弱く、アクネ菌にも影響を与えにくいので傷んでいるお肌を労わることができます。
肌荒れ中のクレンジング剤もお肌にとっては刺激が強すぎるので、クレンジング剤を使わずに洗顔料で落とすことができるオイルフリーのファンデーションはそのような点から見てもオススメできます。


フェイスパウダーを上手に使う

ニキビや肌荒れを上手に目立たなくさせる方法としては、フェイスパウダーを効果的に使うことがあります。パール入りのフェイスパウダーは光の加減でお肌を均一に見せてくれるので、肌荒れを目立たなく見せてくれるのです。

軽くパウダーファンデーションを塗った後にフェイスパウダーを薄めにはたいてみましょう。フェイスパウダーで顔色が明るくなれば、ニキビや肌荒れがいつもほど気にならなくなりますよ。


下地やクレンジングを使わない

メイクをキレイに仕上げる下地の多くはとても粒子が細かいので、毛穴にしっかり入り込んでしまいます。肌荒れが収まるまでは下地をつけずにメイクするようにしてください。

また、クレンジング剤は洗浄力が強いのでメイクをするよりもお肌に強い刺激を与えてしまいます。炎症系ニキビが落ち着くまで、ひどい乾燥が収まるまではクレンジングを使わずに落とすことができるオイルフリーのコスメなどを使ってメイクをするようにしましょう。


肌荒れがひどくなると誰にも会いたくなくなったり、外出するのもおっくうになってしまいますね。しかし、最小限のメイクをしながら少しずつ肌荒れを治していけば、悩みを解決することができます。
肌荒れはメイクで優しくふんわりと隠し、しっかり保湿ケアしてキレイに治すようにしましょう。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。