意外な盲点! そのニキビの原因は「眼精疲労」かも? | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

意外な盲点! そのニキビの原因は「眼精疲労」かも?

スキンケアや食生活に気を使っているのに、大人ニキビができてなかなか改善しないという方は、もしかしたら眼精疲労が原因かもしれません。
日々の生活によって引き起こされる眼精疲労とニキビの関係についてお伝えします。


眼精疲労とは?

眼精疲労とは、具体的にどういった状態のことを言うかご存知でしょうか?
目の酷使によって起こる「眼疲労」と混同されがちですが、眼疲労というのは目と周辺の筋肉のみの疲労のこと。眼疲労は、目をしばらく休ませることで回復します。
ところが目を酷使し続けると、目の疲れ以外にも肩こりや頭痛などといった症状が現れることがあります。これが「眼精疲労」です。

眼精疲労は、さまざまな要因によって起こります。
近視や老眼などが要因となることもありますが、パソコンやスマホの長時間利用などによる環境要因や、ストレスや自律神経失調症による心的要因から引き起こされるケースも少なくありません。


眼精疲労でニキビができる原因とは?

眼精疲労の症状は人によって異なりますが、目の充血や視力の低下といった目にまつわる症状に始まり、頭痛や胃痛、便秘などといった身体的不調、イライラしたりうつ状態になるなどの精神的不調などさまざまな症状が見られます。
そして、眼精疲労の影響が肌に現れた場合、ニキビが発生することもあるのです。
なぜ眼精疲労がニキビの原因になるのでしょうか? その理由として、以下のようなことが挙げられます。

・血行不良で肌の新陳代謝が滞る

眼精疲労によって顔の筋肉が凝ると、硬くなった筋肉が血管を圧迫して血行不良を引き起こします。血行が悪くなると肌の新陳代謝が滞ります。その結果、乾燥や毛穴づまりが起こり、ニキビができやすくなってしまうのです。また、パソコンやスマホを長時間使うときに眉間にシワを寄せるクセのある人は、この部分が硬くなって眉間にニキビが発生しやすくなります。

・リンパの流れが悪くなり、肌に老廃物が溜まる

眼精疲労は顔のリンパ液の流れを悪くして老廃物の代謝不良を起こします。
肌に老廃物が溜まると毛穴づまりが起こりやすくなり、ニキビの原因となります。

・肌に大切な栄養素が消費される

眼精疲労になると、疲労を回復させるためにビタミンB群やシステインなどの栄養素が大量に消費されます。ビタミンB郡は肌の再生やうるおいに、アミノ酸の1種であるシステインは肌の代謝にとても大きく影響しています。これらの栄養素が眼精疲労の回復のためにどんどん消費されてしまうと、肌に必要な栄養素が足りなくなります。これも肌の新陳代謝を悪くしてしまうのです。


眼精疲労を改善するには?

眼精疲労の症状を改善するには、眼精疲労の原因となる要因を取り除くのが大切です。
パソコンやスマホを見る時間を減らしたり、仕事でのストレスを上手に解消する方法を考えてみましょう。
近視など視力に問題がある方は、今使っているメガネやコンタクトが目に合っているか確認することも大事です。

そして、バランスの良い食事や質の良い睡眠、適度な運動など、代謝の向上につながる良い生活習慣を取り入れるようにしたいですね。

時間がある時はホットタオルを目に乗せてリラックスすると筋肉がほぐれて血行が良くなりますよ。顔のマッサージで顔の筋肉のコリをほぐすのも効果的です。

眼精疲労が改善すれば、しつこいニキビも治まってくるかもしれません。
まずは自分の眼を労わることから始ましょう。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。