社会人なら押さえておきたい正しい「敬語」と「言葉づかい」 | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

社会人なら押さえておきたい正しい「敬語」と「言葉づかい」

正しい敬語が使えることは、社会人としての最低限のビジネスマナーです。
しかし実際のところ、誤った敬語の使い方をしている人も少なくありません。
今回は、ビジネスマナーとして知っておきたい、「間違いやすい言葉づかい」や「正しい敬語」についてご紹介します。


「了解しました」「ご苦労様です」はNG

仕事の場で、何か説明や指示を受けた際に「了解しました」と答えることがありませんか?
また、上司に対して「ご苦労様です」と言葉をかけていないでしょうか。

これらの表現を使う人は少なくないですが、敬語としては誤りです。
「了解しました」は対等の関係などでのフランクな表現。
「ご苦労様です」は、目上の人が目下の人に声をかける言葉です。

「かしこまりました」「承知しました」や「お疲れ様です」が正しい敬語です。


「すみません」は場面に適した言葉に言い換える

いろいろな場面で便利に使える「すみません」という表現も、目上の人に対して使うのは失礼にあたります。
この言葉を使うのは、主に感謝の気持ちを述べる場合と謝罪の気持ちを述べる場合があると思います。
感謝を伝えるなら「ありがとうございます」、謝罪を伝えるなら「申し訳ありません」という言葉を使うようにしたいですね。


「電話番号をいただけますか?」は間違い

電話番号を訊ねる際に、「電話番号をいただけますか?」と言う方が多いですが、この言い方も誤りです。
電話番号や住所は「もらう」ものではなく「聞く」ものだからです。
よって、正しくは「お電話番号をうかがえますでしょうか?」となります。


「おいでになられました」は二重敬語

「おいでになられました」は、丁寧な印象ですが二重敬語です。 正しくは「おいでになりました」となります。 間違いやすいので覚えておきましょう。


「参考になりました」は上から目線!?

上司など目上の方から説明を受けたり何かを見学させてもらったとき「大変参考になりました」と言いたくなるかもしれません。
しかし、実は「参考にする」というのは、「考えの足しにする」という意味。つまり、上から目線の表現なのです。
この場合は「大変勉強になりました」と言うべきです。


「ご一緒します」は失礼になる

上司などに同行する際の「ご一緒します」も敬語としては誤り。
仕事上で目上の人と行動を共にする際には「お供させていただきます」というのが正しい言い方です。


以上、ビジネスシーンで誤って使われることが多い言葉と正しい言い方をご紹介しました。
間違って使っていた言葉があった方は、ぜひ正しい言い方に改めるようにしてください。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。