転職前にチェック! 事務職で役立つ&有利になる資格5つ | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

転職前にチェック! 事務職で役立つ&有利になる資格5つ

転職を考える場合、就きたい職に合う資格を取得しておくことで有利になったり、就職後の業務に役立ったりするものです。
事務職への転職を考える場合には、どのような資格を取得しておくと良いのでしょうか。
事務職に役立つ資格を5つご紹介します。


これがなくては「MOS」

いまや「事務の仕事」イコール「エクセルとワードで処理」と言っても過言ではありません。職場によっては「エクセルとワードが使えなければ、事務職は務まらない」ということも多いでしょう。
そのエクセルとワードのスキルを証明するのが「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」通称「MOS」という資格です。
実のところ、この資格がなくてもワードとエクセルを使いこなしている人はたくさんいます。しかし、転職ではあなたのスキルは履歴書の資格欄だけで判断されます。そのためにMOS資格を取得しておくと良いのです。


差がつく「日商簿記2級」

経理事務に役立つのはもちろんですが、例えば総務事務などの求人でも、「経理もできます」「貸借対照表と損益計算書を読めます」といったアピールができれば、かなり有利になると言えるでしょう。
簿記2級というとハードルが高く感じるかもしれませんが、3級を持っている方ならぜひ挑戦してみてください。3級を持っていない方は、まずは3級取得を目指すことをおすすめします。


マナーの太鼓判「秘書検定2級」

秘書検定2級の試験は、「秘書の資質」「職務知識」「一般知識」「マナー・接遇」「技能」の5つの領域から出題されます。このうち一般知識(社会常識や経営学、一般会計・財務、経営法務)や、マナー・接遇、技能(文書作成、ファイリング、資料管理、スケジュール管理など)といったスキルは、秘書に限らずすべての働く人に求められる資質だと言えます。秘書検定は、「こうした知識をスキルを身に付けている」と認定する資格です。人気の資格なのもうなずけますね。


意外とカンタンに取れる!?「ファイナンシャル・プランニング技能検定3級」

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、個人の人生設計に応じて経済面のプランニングを行い提案する専門家です。その能力を持つことを証明する資格がファイナンシャル・プランニング技能検定1~3級です。
お金の流れについての知識を持っていることで、金融関係での事務職や、経理事務などの仕事に役立ちます。また、プライベートにも役立たせることができるのも魅力です。
ファイナンシャルプランナーとしてビジネスで使うには最低でも2級が必要ですが、事務職に役立てる目的であれば3級で十分です。3級なら参考書と問題集を1冊ずつ購入するだけで取得できたという声も多いのでトライしてみてはいかがでしょうか。


女性の事務といえば「医療事務」

病院やクリニックなどの医療機関で事務を担当する「医療事務」は女性に人気の仕事の一つですね。
医療事務には国家資格はありません。資格がなくても医療事務の仕事をすることは可能です。とは言え、人気の仕事なので資格を取得しておくことで就職に有利になるでしょう。
医療事務関連の民間資格の中でおすすめしたいのが、「医療事務技能審査試験」です。
医療事務の仕事をする上で必要とされる技能に関する資格なので、仕事をする上で役立つはずです。


以上、事務職で役立つ資格をご紹介しました。
転職したい業務や将来のキャリアプランにマッチした資格を選び、転職を成功させてください。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。