働きながら転職活動する時に気をつけるべき注意点 | IT&女性に特化した転職・求人サイト ベティ Women's Work Style for IT

働きながら転職活動する時に気をつけるべき注意点

転職しようと決めて転職活動をする場合、今の仕事を辞めて転職活動する方法と、今の仕事を続けながら転職活動をする方法があります。

仕事を辞める場合は転職活動に専念できますが、次の就職先が見つかるまでの間、収入がなくなってしまいます。なかなか就職先が決まらない焦りから妥協してしまったりということもあるかもしれません。

一方、働きながらの転職活動の場合は、経済的な心配をせずにじっくりと転職活動に取り組むことができます。

ただし、今の仕事をしながら転職先を探すことになるので、注意しなければならないこともいくつかあることをおぼえておきましょう。

転職活動していることを言わない

仲の良い同僚や上司などがいる場合、転職活動していることを正直に言いたくなるかもしれません。でも、それは絶対にやめておきましょう。

転職しようとしていることを職場の人たちに知られてしまうと、その後の転職活動が動きづらくなってしまいます。

「どうせ近いうちに辞める人だから」と思われれば、待遇が悪くなることも考えられます。もし、転職先がなかなか見つからず今の職場に長く留まることになった場合にも、居心地が悪くなります。

黙っていることに後ろめたさを感じてしまうかもしれませんが、転職活動をしていることについて、今の仕事と関係のある人には一切話さないことをお勧めします。

転職活動がバレやすい行動に注意!

「あれ? 転職するつもりなのかな」と職場の人に思われてしまうような行動をとらないように注意するのも大切です。

例えば、転職活動中は、転職サイトを活用することが多いと思いますが、会社のPCで転職サイトを見るのはNGです。画面が誰かの目にとまるかもしれないし、誰にも見られていないと思っていても閲覧ログからバレてしまう可能性もあります。

同様に、転職情報誌などを職場に持ち込むのもやめましょう。

仕事終わりに面接があるからと、普段はカジュアルな服装で仕事している人がいきなりスーツで出勤するのも怪しまれるのでなるべく避けたいですね。

面接はなるべく休みの日に

仕事しながらの転職活動の場合、面接は仕事が終わった後か休日に設定することになると思います。急な残業などが発生する可能性を考えると、できるだけ休みの日に設定してもらうのがおすすめです。

とは言え、一般的な企業は土日休みの場合がほとんど。今の職場の休みと応募先の休みが重なって、休みの日には面接を入れられないということも多いと思います。

そんな場合には有給などを使って会社を休むことになります。就職活動のためと言うわけにはいきませんが、あまり適当なウソをつくのはやめておきましょう。

「私用で休ませてください」とだけ伝えるのが良いでしょう。

働きながら転職活動をする場合に一番気をつけなくてはならないのは、今の職場に転職活動中であることを知られないことです。

今の仕事にもきちんと取り組みながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)女性に向けた、エンジニア、デザイナー、ディレクター、事務、営業などの、東京都を主とした関東圏や愛知を主とした東海圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるbettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策などの転職に役立つ情報はもちろん、転職支援サービスにより、より有効な転職活動のサポートをさせていただきます。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう。
※求人へのご応募、転職支援サービスについては男女の区別なくご利用いただけます。