ベティな人

【マーケティング担当】好きを仕事にしたから、難しいけれど楽しい ≪Vol. 5 ≫

好きなことを仕事に。日々刺激を
受けながら、会社とともに成長中。

株式会社フィードフォース

深谷直さん (25歳)

Profile●大学卒業後、株式会社フィードフォースに入社。入社後はサービスを開始したばかりの「ソーシャルPLUS」の営業を担当する。その後、マーケティングチームに異動。同サービスのマーケティングやプロモーションを手掛ける。

子どものころから興味を持っていたIT業界へ

― 転職のきっかけ
元々パソコンやインターネットが好きで、小学生の頃からゲームをしたり、絵を描いたりと、よく遊んでいました。そんな事から自然にIT業界には関心を持っていて、いろんな可能性を秘めた面白い領域だと、志望しました。
― 転職先を選ぶ際のこだわり
大企業で働くということはイメージしていなかったですね。社内にいる人が何をやっているかがある程度わかり、サービスの魅力やどう動いているのかを感じられる会社が良いと思っていました。
― 入社を決めた理由
他社が目を付けないようなところも先見性を持って発掘するなど、常に新しいサービスを生み出し続けようとする姿勢に魅力を感じました。また、会社説明会や面接で話した社員の方々が自社のサービスについて熱く語る様子を見て、こんなふうに働きたいと思ったのも決め手になりました。

忙しい日々だからこそ、やるべきことの見極めが重要

― 仕事内容
自社サイトのソーシャル化を支援するサービス「ソーシャルPLUS」を担当しています。仕事は多岐に渡りますが、お客様に興味を持っていただくようなプランを組み立てて、セールスチームに渡すのが主な仕事です。戦略を考えるのは難しいですが、楽しくもあります。
― ソーシャルPLUSサービス担当としてのやりがい
展示会などで「フィードフォースさんじゃないですか。よく知っています」「話を聞きたいと思って来ました」と声をかけてくれる方が増えてきました。私たちが今まで地道にいろいろなマーケティングやプロモーションをやってきたのが浸透して、お声掛けいただくようになったのかなと嬉しくなります。
― 仕事で気を付けている事
必要なこと、優先してやらなければならないことをきちんと見極めるために自己流でTO DOリストを作っています。締切りがあって絶対この日に出さなければならないもの、確認待ちをしているものといったように、自分なりに区分して緊急度の高い仕事から進めるようにしています。

なるべく料理は手作りで。食材探しも楽しみの一つ

― プライベートで大事にしている事
平日でも休日でも、なるべく自炊するようにしています。食材を買ったり、料理をすることがリフレッシュになるんです。地元の商店街をブラブラするのが好きで、新しい食材や変わったスパイスを発掘してきて、「よし、これで何か作ろう!」というのが趣味になっています。
◇◆◇ 今後の目標 ◇◆◇
BtoBのマーケティングだったら全部自分で戦略立てまでしっかりできるぐらいの知見は得たいと思っています。
30歳になる頃には、「私にまかせて」と言えるぐらいになっていたいですね。
~ 転職活動中の方へメッセージ ~
就職先を決めるにあたって論理立てた理由ももちろんあっていいと思うんですが、ここだ!という感覚があったら、そこはあながち間違いではないのではないかと思います。私もそう感じて、この会社に決めました。
フィードフォースに関わることで言うと、まだ女性の数が少ないので、女性カルチャーみたいなものはこれから根付いていく段階です。もし仲間に加わられたら、一緒に文化を築いていきましょう!
株式会社フィードフォースの求人情報

 | 記事一覧 | 

このサイトについて

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)、営業、ディレクター、エンジニア、デザイナーなどの女性に向けた東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、関東、首都圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるBettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策など転職に役立つ情報はもちろん、活躍中の女性社員やIT業界の事情を紹介するコンテンツも随時更新します。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう!