就職・転職コラム

トレンド朝食「朝ベジ」始めてみませんか


[PR]料理家 栗原はるみがプロデュースする公式オンラインショップ【ゆとりの空間】

shutterstock_174252245

最近はやりのトレンド朝食「朝ベジ」をご存知でしょうか? ニューヨーク発の朝食スタイルで「朝ご飯にたっぷりの野菜をとる」というヘルシーな朝食スタイルのことを言います。 以前から食事の際に野菜を先に食べる「ベジタブル・ファースト」は血糖値の急上昇やカロリーのとりすぎを防ぐのに効果であると言われていましたが、それを一日のうちでも実行してしまおうという新しいメソッドが「朝ベジ」です。


朝に野菜を食べるメリット

まずは朝ベジのメリットを見ていきましょう。 ・歯ごたえたっぷりで頭もすっきり 野菜には食物繊維が多く含まれています。またニンジンやダイコンなどの根菜類も、しっかり噛まなくては消化することが出来ません。咀嚼行為には脳に刺激を与え、意識をはっきり覚醒させてくれる効果があります。唾液の分泌も活発になりますし、同時に胃腸も動き出すので全身の生命活動そのものが活発になるでしょう。 ・野菜を沢山とれる 厚生労働省の発表によれば成人が1日に摂取する野菜の目標量は350グラム以上ですが、これに届いている人はあまり多くないというのが現実です。 特に、朝食を抜いている人には野菜不足の傾向が強く見られます。1日3食の食事ならば1回の食事でとるべき野菜の量は120グラム程度ですが、1日2食になってしまうと1回の食事で180グラムをとらなければ足りなくなってしまうのです。 1日3食きちんととって体内に野菜成分を充足させましょう。 ・肌がきれいになる トマトにはリコピンが豊富に含まれています。リコピンには抗酸化作用があり、肌をきれいにする効果があるのですが、そのリコピンを効率的に摂取できる時間帯が、朝なのです。朝にたくさんのトマトを食べることで、美肌効果が期待できるでしょう。

朝べジにはどんなものがある?

それでは朝ベジにはどのようなメニューがあるのか紹介します。 ウィートグラス(小麦の若葉)を利用した「ウィートグラスショット」や、様々な野菜を煮だして作る「ヴィーガン(菜食主義者)スープ」などが海外ではセレブを中心に人気となっています。特にヴィーガンスープは朝食だけに限らず、それだけしか口にしないという人もいるほどです。 また、野菜やフルーツを山盛りにした充実メニューである「パワーサラダ」や、野菜と穀物を豊富に使う「ブッダサラダ」などは日本にも入ってきていて、様々なカフェで楽しむことが出来ますよ。

shutterstock_531177448


このほかにも、スムージータイプもあるので、朝から固形物を胃に入れられるだけの体力がない、という方にはそちらがお勧めです。 余裕があれば自分で作ることもできますし、スムージーは新鮮で頭をすっきりさせてくれます。時間がない場合でも最近はコンビニなどで手軽に手に入れることも可能ですので、ぜひお試しください。

 | 記事一覧 | 

このサイトについて

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)、営業、ディレクター、エンジニア、デザイナーなどの女性に向けた東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、関東、首都圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるBettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策など転職に役立つ情報はもちろん、活躍中の女性社員やIT業界の事情を紹介するコンテンツも随時更新します。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう!