就職・転職コラム

上手くいかない転職、書類を見直してみませんか?


[PR]【1日たった7分】でラクラク英語学習♪

shutterstock_570188455

転職するのは難しいものです。しかしそうと解ってはいても書類審査で落とされて面接にすら辿り着けないことが続くと、 自信を失ってへこんでしまいますよね。そんなときは、今一度自分が書いた書類を見直してみましょう。 今回は書類の見直しをする際のポイントを紹介します。


企業の要求している基準値に達しているか

あなた自身の経験や技能が企業の要求するものに足りていなかったり、または企業の求めているものと違っていたりすれば、当然書類審査の通過は難しくなります。 書類審査はあなたの技能、資格、経歴などがその企業の用意している基準値に達しているかどうかを見極めるためにおこなうものでもあります。 そこでいかに魅力的に書くかが重要になってきます。たとえば外資系企業が「英語ができる人」という基準値を設けていたとしましょう。 そういう場合、何らかの英語技能試験の得点を記載することが必要になります。TOEICの点数を履歴書に記載するなら、明確に何点以上という基準がない場合、700点以上の点数を書くようにしましょう。 しかし、700点に満たなくても、たとえば600点台後半であれば、記入することで「英語の勉強をしている」というアピールになるため、 自由記入欄などに、「英語の勉強に力を入れている」などの補足を入れて書くとなおいいでしょう。

丁寧できれいな書類になっているか

書類を書くときに心がけなければいけないことは、体裁がビジネスマナーに則ったものになっているか、という点です。 以下のことが守られていない書類では内容以前に不採用となってしまう可能性が高いので注意しましょう。 ・前職の守秘義務を守っていない ・誤字脱字がある ・書類が汚れている ・文字が乱雑 以上のことに注意すれば、書類の印象ががらりと変わって書類審査を通過しやすくなるかもしれません。

「志望動機」や「自己PR」も手を抜かない

注意すべき点はいくつかありますが、その中でも目立つのは「志望動機」や「自己PR」を書く際の問題です。 どこの会社にも通用するような汎用的な言い回しを使っていませんか? 当たり障りのない月並みの表現では、採用担当者には見抜かれてしまうかもしれません。 「貴社にとって自分は役に立つ」というアピールを強く打ち出してみましょう。 たとえば、 「前職では販売を担当しており、お客様とじかにかかわることの喜びを学びました。お客様が必要としていることをいち早く察することができるようになり、アフターフォローなどもおこなえるようになりました」 「世界的な視野を持っている御社の経営理念に共鳴しました。自分自身、語学学習にも力を入れているので、海外勤務などにも対応できます」 など、前職で培った能力や、その企業に特化した自己アピールを心掛けることが肝心です。 また、文章は読み手がその文章をどういう意味に受け取るかを考え、読み手の存在を意識して書くようにしましょう。細かい字で書けるだけ書き連ねればばいいわけではありません。要点を押さえて、できるだけシンプルなものにしたほうが読みやすく印象のよいものになるでしょう。

shutterstock_403515793


とは言え、普段書き慣れていない文章を書くことは難しいもの。 可能であれば他人の力も借りてしまいましょう。友人、知人や家族などに相談してみる、もしくはプロに添削をお願いしてみるのもおすすめです。

 | 記事一覧 | 

このサイトについて

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)、営業、ディレクター、エンジニア、デザイナーなどの女性に向けた東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、関東、首都圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるBettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策など転職に役立つ情報はもちろん、活躍中の女性社員やIT業界の事情を紹介するコンテンツも随時更新します。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう!