就職・転職コラム

ママの服装はどうする?年代別に見る子供の入学式での服装は?


[PR]クックパッドグループの習い事サービス「サイタ」が運営するカメラ教室

shutterstock_344829851

子供が大きくなってくると入園式や入学式といったセレモニーに出席する機会が増えてきます。そこで難しくなるのが、入学式などの式典に適切な服装選び。 主役は子供たちであるとは言え、あまりに貧相な格好でセレモニーに出席する訳にはいきませんし、かといってやりすぎても目立ち過ぎてしまいます。 今回は、服装選びに困っているママのために、入学式などの式典に適した服装を年代別にご紹介します。


20代の母親のポイントは

20代の母親の皆さんにオススメするのは、パステルカラーのスーツやワンピースです。ほかにもパステルピンクや水色なども、春らしさや若々しさを演出できます。スーツやワンピースが色付きであれば、かばんや靴は白などのベーシックな色のものを選ぶのがポイントです。 ワンピースやスカートを選んだ場合は、必ずストッキングをはきましょう。また、入学式はフォーマルな場ですので、ブーツやスニーカーなどをはいてはいけません。パンプスを選ぶのが最も無難です。

30代の母親のポイントは

30代になってくると20代の頃よりは少し落ち着いた年齢となってきますので、シックでフォーマルなものがおすすめです。 黒一色で揃えるのは入学式や入園式などの明るい場には向かないので、おすすめできません。柔らかな色のスーツなどが相応しいと言えるでしょう。ライトグレーなどの色が定番と言えます。 ほかにも、たとえば穏やかなグレーやベージュなどのスーツに、白やピンクなどのコサージュを合わせるというのもひとつの方法です。穏やかで常識的な女性だという印象を与えることができるようになりますよ。 仕事用のスーツはセレモニー用のスーツとは違いますので、着ていかないように気を付けましょう。

40代の母親のポイントは

この年代であれば服装の見た目だけではなく材質にもこだわる意識を持ったほうが良いでしょう。 ブランドものを選べば簡単にいい素材のものを手に入れることができますが、気を付けたいのは、 数十万円もするブランド物ではなく、全身で十万円以下程度のフォーマルスーツの中で、できるだけ素材がいいものを選ぶというのがおすすめです。 スーツが苦手な方であれば、ワンピースにボレロやノーカラーのジャケットを羽織ることをおすすめします。 また40代の女性が選びがちな丈の長すぎるスカートは重たい印象を与えてしまうのでおすすめできません。膝が少し隠れるくらいのものがベストであると言えるでしょう。

shutterstock_577058320


全体的に、実年齢よりも少し上の年齢を対象にしている、若干老けて見えるかな、と思うぐらいのラインを狙うのも服装選びのコツのひとつです。 悪目立ちだけはしないように、年齢に合った上手い落としどころを見付けたいものです。ここで紹介したことを参考にして、上手な服装選びをしてくださいね。

 | 記事一覧 | 

このサイトについて

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)、営業、ディレクター、エンジニア、デザイナーなどの女性に向けた東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、関東、首都圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるBettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策など転職に役立つ情報はもちろん、活躍中の女性社員やIT業界の事情を紹介するコンテンツも随時更新します。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう!