就職・転職コラム

春を感じに行こう! 都内の「梅の名所」3選


[PR]クックパッドグループの習い事サービス「サイタ」が運営するカメラ教室

shutterstock_396438298

立春を迎える2月。まだまだ寒い日が続く中、春の訪れを感じさせてくれるのが梅の開花です。花の美しさはもちろん、甘い香りも楽しめる梅の名所で、一足早い春を感じてみませんか? 今回は、都内の梅の名所を3つご紹介します。


(1)新宿御苑

明治時代に日本初の皇室庭園として誕生した新宿御苑。戦後は国民公園として一般に公開されています。桜の名所としても有名ですが、その少し前の時期には梅の花の見ごろが訪れます。
広さ58.3ヘクタール、周囲3.5kmの園内に、梅の木は白梅、紅梅合わせて約300本。そのうちの約80本が日本庭園のお茶室「楽羽亭」周辺に植栽されています。イギリス風景式庭園にあるレストラン「ゆりのき」周辺や、大木戸門そばの日本庭園「玉藻池」周辺も梅の花が楽しめるスポットとなっています。

見ごろ:2月中旬~3月中旬

交通アクセス:
JR・京王・小田急線 新宿駅南口 徒歩10分
東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅1番出口 徒歩5分

公式サイト:
http://fng.or.jp/shinjuku/


(2)湯島天神

学問の神様として知られる菅原道真公をお祀りしていることで有名な湯島天神。道真公と言えば、主人を慕った梅の木が一夜で京から大宰府へ降り立ったという「飛梅伝説」が知られていますが、ここ湯島天神も梅の名所として江戸時代から庶民に親しまれてきました。
境内の梅園には約300本の梅の木があり、そのおよそ8割が白梅となっています。毎年梅のシーズンに開催され今年で60回を迎える「梅まつり」は、今年は2月8日から3月8日に開催。期間中はさまざまなイベントが予定されています。

見ごろ:2月下旬~3月上旬

交通アクセス:
東京メトロ千代田線 湯島駅3番出口 徒歩2分
東京メトロ銀座線 上野広小路駅 徒歩5分

公式サイト:
http://www.yushimatenjin.or.jp/

shutterstock_97298075


(3)羽根木公園

世田谷区の区立公園である羽根木公園。梅林には紅梅約270本、白梅約380本のおよそ650本の梅の木が植えられています。開花時期の異なるおよそ60種類の品種の梅が揃っているため、梅の花を楽しめる時期が長いのがうれしいですね。
2月11日から3月5日には「第40回せたがや梅まつり」が開催されます。期間中は各種模擬店や植木の園芸市などさまざまな催しが予定されています。

見ごろ:2月中旬~3月上旬

交通アクセス:
小田急線梅ヶ丘駅 徒歩5分
井の頭線東松原駅 徒歩7分

公式サイト:
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004240.html


以上、都内の梅の名所を3か所ご紹介しました。寒い季節はどうしても家の中に閉じこもりがちですが、外に出かけてみれば春の気配を感じられるはずです。梅の甘い香りと美しい花を楽しめる名所をぜひ訪れてみてください。

 | 記事一覧 | 

このサイトについて

Women's Work Style for IT「ベティ」は、IT業界で働く(働きたい)、営業、ディレクター、エンジニア、デザイナーなどの女性に向けた東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、関東、首都圏のお仕事を中心とした転職サイトです。
サイトの愛称であるBettyには「魅力的な女性」という意味があり、素敵な仕事を見つけてもっと輝いて欲しいという願いから誕生しました。
未経験OK、残業少なめ、土日祝休み、産育休取得実績、といった人気のキーワードで求人を検索できます。
また、面接対策など転職に役立つ情報はもちろん、活躍中の女性社員やIT業界の事情を紹介するコンテンツも随時更新します。
女性のキャリアアップを応援するベティで、転職活動を成功させましょう!